「屋根・外壁」カテゴリーアーカイブ

早島町早島で、勝手口ドア交換工事

早島町早島での、勝手口ドアの交換工事です。

工事前の写真です。

工事日の朝。勝手口ドアが搬入されてきました。

完成写真がコチラです。

こちらは、通気格子を上下にスライドさせて喚起できる採風式勝手口です。扉を閉めて施錠したままでも風を通すことができるので、防犯面でも安心です(^^)

早島町早島で、外壁・サッシ工事

早島町早島での、外壁とサッシの工事です。

工事前の写真です。

木製のガラス建具が傷んでおり、敷居も腐食しているとのご相談です。

完成写真がコチラです。アルミサッシを新調し、ガラス戸2枚分は外壁材で塞ぎました。

外壁はヨドプリントの「土佐焼杉」色です。金属ですが、リアルな木目がプリントされていて和風のお家によく馴染みます。弊社の外壁工事でもよく提案する外壁材です。

ヨドプリントはカラーバリエーションやデザインが豊富なので、お家のイメージに合ったものがお選びいただけると思います(^^)

早島町前潟で、屋根工事②

昨日の投稿に続き、早島町前潟での倉庫屋根工事です。

軒下の外壁の漆喰を塗替えました。焼板の外壁とのコントラストがキレイです(^^)

雨樋を交換しました。

母屋の工事もいくつかおまかせいただきました。まずは漆喰の塗替えです。

続いてはこちらの漆喰塗替えです。

天窓のガラスもお任せいただきました。

工事が完了し、キレイになりました(^^)

早島町前潟で、屋根工事①

早島町前潟での、倉庫の屋根工事です。

工事前の写真です。

足場を組んで、工事開始です。足場に付けている看板が目立つので、「あそこで工事してたね」などと声を掛けていただく事もよくあります(^^)

既存の瓦を撤去しているところです。

完成写真がコチラです。屋根材はガルバリウム波板です。耐久性、遮熱性にも優れているので、倉庫や工場などの屋根にも広く使われています。

下から見るとこんな感じです。

長くなりますので、続きはまた明日ご紹介します(^^)

早島町前潟で、カーポート波板張替え工事

早島町前潟での、カーポートの波板張替え工事です。

工事前の写真です。2年ほど前に、右側の波板の張替えをさせていただきました。今回は左側の張替えのご依頼です(^^)

まずは既存の波板を撤去しました。

カーポートの樋を掃除しました。

波板を張替え、完成写真がコチラです。

色は前回と同じブロンズマットです。

早島町早島で、外部リフォーム工事(足場)

先日より、早島町早島で外部リフォーム工事が始まりました。

足場設置工事をしました。こちらのお宅は3階建てなので、足場とネットを掛けるとすごく大きくそびえ立っているように見えますね。

足場には看板もドンと付けています。この看板のおかげで、お客様から「あそこで工事していたね」などと声を掛けてもらう事もしばしばあります♪

こちらのお宅での工事についても、また改めてご紹介します(^^)

早島町前潟で、屋根補修工事

早島町前潟での、屋根・雨樋の部分補修工事です。

工事前の写真です。隅棟(すみむね)の瓦が大きくズレてしまっています。

ちなみに隅棟とはこの部分の事です。

軒樋も破損してしまっています。

完成写真がこちらです。

今回は簡易的な工事をご希望だったので、隅棟の補修、傷んだ木下地の補修、雨樋の部分補修を行いました。瓦がズレていた隅棟も漆喰でしっかりと固定したので安心です(^^)

早島町若宮で、雨樋掃除

早島町若宮での、雨樋掃除です。雨樋とは、屋根から流れてきた雨水を集めて排水させる筒状の建材です。

「軒樋」で雨水を集め「縦樋」で排水する。軒樋と縦樋を「集水器」で繋ぐ。

工事前の写真です。水が流れず溜まってしまっています。

落ち葉や小石が詰まっていました。

雨樋が詰まる原因としては、落ち葉や木の枝、砂などが最もよくみられます。たかが砂でも、長年放置すると雨水で固まって樋の中でカチカチに詰まってしまう事もあります。

その他には、飛んできたビニール袋やボール、鳥の巣が原因になる事もあります。

完成写真がコチラです。キレイになり、うまく水が流れるようになりました。

樋掃除は、不安定な足場で手には道具を持って作業、さらに2階の樋ともなるとかなりの高所となります。危険なので、ご家庭で作業することはおすすめできません。

アイ・ティー・エムは地域密着型工務店として、ちょっとしたお困り事もお引き受けいたします。「掃除だけは気が引ける…」など思わず、お困りの時はお気軽にご相談下さいね(^^)

早島町前潟で、外部塗装工事

早島町前潟での、外部塗装工事です。

工事前の写真です。モルタルとタイルの組み合わせの外壁です。


モルタル外壁について

モルタルとは、セメントに砂と水を加えた物です。外壁と言えば、近年はサイディングが多く使われていますが、モルタルもまだまだ需要の多い外壁材です。サイディングのようにつなぎ目がなく高級感のある見た目が特徴です。また手仕上げならではの温かみがあり、塗り方や仕上げ方によって自由に仕上げる事ができます。


工事前写真の続きです。

工事をするにあたって、まずは足場を組んで飛散防止のメッシュシートを掛けます。圧迫感もありしばらくの間はお客様にもご不便をおかけしますが、外部塗装工事では必須です。

完成写真がコチラです。全体写真が撮れておらず…部分的な紹介で失礼いたします。落ち着いたベージュだったモルタル部分は、可愛らしいサーモンピンクになりました。タイル部分との相性も良いですね♪

雨樋や基礎等もキレイになって、美観がグッと上がりました。

バルコニーも防水をしてキレイになりました。

塗装工事は、美観はもちろんの事、家を保護することも大きな目的です。直接紫外線や雨風にさらされている外壁や屋根は、確実に劣化をしていっています。

塗装をすることで防水性を蘇らせ、屋根材や外壁材を守ってくれます。また塗装前に下地処理をするので、ひび割れや剥がれを修繕でき、強度もアップします。

定期的なメンテナンスをすることで、家全体を長持ちさせることができます(^^)

早島町早島で、雨樋補修工事

早島町早島での、雨樋補修工事です。

工事前の写真です。

下の写真の矢印の部分から雨水が漏れています。ちょうどメーターボックスがある辺りに漏れた水がボタボタと落ちていました。

完成写真がコチラです。

集水器と縦樋を設置して、雨水を流すようにしました。これで安心です。

雨樋の部分補修はよくご依頼いただく工事の一つです。お困りの際はお気軽にご相談くださいね(^^)

雨漏りの原因とは?

6月と言えば梅雨で雨の多い時期ですね。今年は過去2番目の早さで、5月15日に既に梅雨入りをしました(中国地方)。そんな雨の時期に付きもののお困り事「雨漏り」の原因について、実際に弊社で行った施工事例を使ってご紹介してみます。

まずは、原因として一番に考えるのが屋根です。

こちらのお宅は瓦のズレが原因でした。

室内からも穴が開いているのが分かりました

こちらのお宅は、瓦の割れがいくつかありました。

こちらのお宅のように、漆喰の劣化が原因の事もあります。

屋根と言えば「瓦」を原因と考える事が多いかと思いますが、実際に原因として多く見られるのが「谷樋」です。谷樋とは、屋根と屋根の間の谷間の部分です。下の画像の赤色で囲んだ部分です。

谷樋は屋根から流れ落ちてきた雨水の通り道になるので、劣化しやすく、雨漏りの原因になることが多いのです。

こちらは玄関庇の板金です。こちらも瓦から流れ落ちてきた雨水が原因で、劣化して穴が開いてしまったりして、雨漏りの原因として多く見られます。

このように、一概に屋根と言っても色々と原因が考えられます。さらに、屋根以外にも実は色々な部分が雨漏りの原因となっているのです。

天窓も、雨漏りの原因になる可能性があります。デザインや採光の面では素敵なのですが、こちらのお宅も雨漏りが原因で天窓を塞ぐ工事をしました。

ベランダも、雨漏りの原因としてよく考えられる場所です。床に施してある防水塗装が劣化するとひび割れや床のめくれが発生し、雨漏りにつながる可能性があります。

早島町 ベランダ防水工事

ベランダでは、笠木(図に記した部分)の劣化も雨漏りの原因としてよくある部分です。

この画像は新築の写真なので、雨漏りの事例ではありませんが。

その他、ベランダの排水溝の詰まりも水が溢れて雨漏りの原因となることがあります。

サッシに施してあるコーキングが劣化するのも、雨漏りの原因として考えられます。

早島町 ベランダ防水工事

雨樋の詰まりも、放っておくと雨水があふれて、外壁などからの雨漏りの原因となってしまいます。こちらのお宅は、雨樋掃除をして水が流れるようになったので、雨漏りには至りませんでした。

早島町 樋掃除

こちらのテラス雨樋も、劣化して水が漏れていました。雨樋を交換して無事でしたが、放置しておくと雨漏りになっていたかもしれません。

この他にも(弊社での事例が見当たりませんでしたが)、外壁のひび割れやサイディングの目地部分に施したシーリングの劣化なども雨漏りの原因として考えられる部分です。

このように、雨漏りには様々な原因が考えられます。まずは定期的な塗装や雨樋掃除などのメンテナンスで雨漏りの原因を少しでも無くしておくのが良いのではないでしょうか。

メンテナンスでも実際に雨漏りをしてしまった時でも、アイ・ティー・エムにお気軽にご相談くださいね(^^)

岡山市南区で、屋根塗装工事

岡山市南区での、屋根塗装工事です。岡山市と言っても早島町から5分くらいのすぐ近くの場所です。

工事前の写真です。

ケレン(やすり等で擦り古い塗膜や錆を落とす作業)などの下地処理を行い、下塗り(錆止め塗料)、上塗り(2回塗り)をしました。

完成写真がコチラです。

キレイに仕上がりました(^^)

早島町前潟で、倉庫屋根工事

早島町前潟での、農業用倉庫の屋根工事です。

完成写真がコチラです。

瓦を撤去して、ガルバリウム波板の屋根を張りました。

5月なのに何だか雨が多いですね。と思っていたら、5月15日に中国地方の梅雨入りが発表されました。過去2番目の早さだそうです!!

工事の数日間はどうにかお天気が崩れずに済みました。お客様も「気になっていたから梅雨までに直すことができてよかった」と喜んでくれました(^^)

早島町前潟で、庇屋根工事

早島町前潟での、庇屋根工事です。

工事前の写真です。

工事中の写真です。こちらは入社後すぐの茅野くんです。4月7日の投稿でもご紹介した写真です。

完成写真がコチラです。

下地を組み直し(梁も補強しました)、ガルバリウムの波板屋根を張りました。

梅雨の前に屋根の工事をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。アイ・ティー・エムにお気軽にご相談くださいね(^^)

早島町若宮で、玄関庇工事

早島町早島での、玄関庇工事です。

工事前の写真です。

経年劣化による傷みが見られます。

完成写真がコチラです。

下地も組み直し、ガルバリウム鋼板で仕上げました。

キレイになって、お客様にも喜んでいただけました(^^)

ところで、「軒」と「庇」の違いはご存じですか?

「軒」は、屋根の延長で外壁より出っ張った部分の事です。「庇」は、窓や扉など開口部の上に取り付けている小さな屋根のようなものです。庇は屋根と繋がりがなく、独立して取り付けられています。

今回のお宅なら、軒と庇はそれぞれこの部分です。

軒も庇も、雨や直射日光を防いだり、外壁を守ってくれたり、と同じような役割です。

早島町早島で、外壁工事

早島町早島での、外壁工事です。以前から色々と工事をお任せいただいているお客様です。

工事前の写真です。

外壁の一面にヨドプリントの外壁材を張りました。こちらは外壁を張り仕上げ前の写真です。

完成写真がコチラです。

ヨドプリントは今回は土佐焼杉ですが、色柄のバリエーションが豊富です(^^)

早島町早島で、波板工事

早島町早島で、波板工事をさせていただきました。

工事前の写真です。

強風で波板が割れてしまったため張替えたいとのご相談です。

完成写真がコチラです。

波板は、弊社で一番よく出るブロンズマットの色です。

こちらのお宅では、別工事もお任せいただいています。そちらについても後日また改めてご紹介します(^^)