「オススメ」カテゴリーアーカイブ

雨漏りの原因とは?

6月と言えば梅雨で雨の多い時期ですね。今年は過去2番目の早さで、5月15日に既に梅雨入りをしました(中国地方)。そんな雨の時期に付きもののお困り事「雨漏り」の原因について、実際に弊社で行った施工事例を使ってご紹介してみます。

まずは、原因として一番に考えるのが屋根です。

こちらのお宅は瓦のズレが原因でした。

室内からも穴が開いているのが分かりました

こちらのお宅は、瓦の割れがいくつかありました。

こちらのお宅のように、漆喰の劣化が原因の事もあります。

屋根と言えば「瓦」を原因と考える事が多いかと思いますが、実際に原因として多く見られるのが「谷樋」です。谷樋とは、屋根と屋根の間の谷間の部分です。下の画像の赤色で囲んだ部分です。

谷樋は屋根から流れ落ちてきた雨水の通り道になるので、劣化しやすく、雨漏りの原因になることが多いのです。

こちらは玄関庇の板金です。こちらも瓦から流れ落ちてきた雨水が原因で、劣化して穴が開いてしまったりして、雨漏りの原因として多く見られます。

このように、一概に屋根と言っても色々と原因が考えられます。さらに、屋根以外にも実は色々な部分が雨漏りの原因となっているのです。

天窓も、雨漏りの原因になる可能性があります。デザインや採光の面では素敵なのですが、こちらのお宅も雨漏りが原因で天窓を塞ぐ工事をしました。

ベランダも、雨漏りの原因としてよく考えられる場所です。床に施してある防水塗装が劣化するとひび割れや床のめくれが発生し、雨漏りにつながる可能性があります。

早島町 ベランダ防水工事

ベランダでは、笠木(図に記した部分)の劣化も雨漏りの原因としてよくある部分です。

この画像は新築の写真なので、雨漏りの事例ではありませんが。

その他、ベランダの排水溝の詰まりも水が溢れて雨漏りの原因となることがあります。

サッシに施してあるコーキングが劣化するのも、雨漏りの原因として考えられます。

早島町 ベランダ防水工事

雨樋の詰まりも、放っておくと雨水があふれて、外壁などからの雨漏りの原因となってしまいます。こちらのお宅は、雨樋掃除をして水が流れるようになったので、雨漏りには至りませんでした。

早島町 樋掃除

こちらのテラス雨樋も、劣化して水が漏れていました。雨樋を交換して無事でしたが、放置しておくと雨漏りになっていたかもしれません。

この他にも(弊社での事例が見当たりませんでしたが)、外壁のひび割れやサイディングの目地部分に施したシーリングの劣化なども雨漏りの原因として考えられる部分です。

このように、雨漏りには様々な原因が考えられます。まずは定期的な塗装や雨樋掃除などのメンテナンスで雨漏りの原因を少しでも無くしておくのが良いのではないでしょうか。

メンテナンスでも実際に雨漏りをしてしまった時でも、アイ・ティー・エムにお気軽にご相談くださいね(^^)

早島中学生職場体験①

4月23日(金)~4月28日(水)の4日間、早島中学校2年生の5名の生徒さんが職場体験に来ています。アイ・ティー・エムにも早島中学校出身のスタッフがたくさんいます(^^)

初日の様子をご紹介します。

まずは事務所でオリエンテーションを行いました。会社や施工事例の紹介、家づくりの流れ、地域密着型工務店ならではの特徴、職場体験中の注意事項などを伝えました。

そのあとは、いよいよ現場へ!!

ウッドデッキの解体工事を手伝ってもらいました。お客様のご厚意により、実際のリフォーム現場で体験してもらうことができたのでよかったです(^^)

加藤君が、道具の使い方や作業方法を指導しています。

生徒さん達の頑張りで、キレイに撤去できました。

こちらのお宅は、この後新たにデッキを設置します。

掃除までが現場仕事なので、解体で出たゴミは残さないようきちんと持ち帰ります。体験を受け入れていただいたお礼も込めて、お庭の草抜きもして一層キレイになりました。

初日の職場体験、無事に終了です。皆さん楽しんで作業してくれたようです♪ この後の日はまた別の現場作業をしてもらいますので、その様子もまたご紹介します(^^)

※関連記事もぜひご覧ください♪

家づくりの話

ありがたい事に、新築のご依頼やご相談が増えてきています(^^)

最近竣工した前潟の新築

注文住宅はどのように作っていくのか。いつもは実際の工事の流れや施工現場の様子をブログ等でご紹介していますが、今回はそれより前段階の家づくりの話(主にヒアリングの話)をしてみます。

ここ数棟(NEW事務所以降)の新築の設計をお願いしているフォームゼロ建築デザインラボの本間さんにも、色々と聞いてみました(^^)

佐藤写真館さんの店舗棟と住居棟

(同じ注文住宅でも、建築会社や設計士さんにより色々と違いがありますので、アイ・ティー・エムと本間さんでの家づくりのお話です。)

佐藤写真館さんの二つ並んだ方形屋根

家づくりのスタートはお客様へのヒアリングです。最初のプランを作るために、お客様の希望や大切にしたい事、家が完成してからの夢などをお伺いします。夢が膨らむ楽しい時間です♪ そんなたくさんの夢と合わせて、ご予算やいつまでに完成させたいか等も分かる範囲でお聞かせください。

お客様との打合せ②
お客様へのヒアリング風景。手前左が弊社代表の渡邉、手前右が設計士の本間さんです。

(お詫び)弊社代表の渡邉はほとんど現場やお客様との打合せで外出しており、本間さんも常駐ではありませんので、初回のご相談ではこの段階までいかない場合がほとんどです。スタッフも少人数で事務所が留守の事も多々ありますので、ご相談の際は予めお電話でご予約いただけると助かりますm(_ _)m

間取り案を作っていく際には、ヒアリングから見つけた「一番の核となる場所」を家のどの部分に持っていくのかをまず考えます。家族が集う「LDK」を核とするお客様が多いように感じます。あとはパズルを嵌めるように、他の部分を決めていく感じで間取りを作っていきます。

大きな窓と吹抜が開放的なLDK
中庭ウッドデッキとつながった個性的な形のLDK
高台からの眺望を活かした広いバルコニー

家づくりには、土地にも予算にも限りがあります。その限られた中で、いかに希望を叶え、さらにそれ以上の提案ができるのか。それがお客様のご満足やお家への愛着に繋がっていくと思っています。

カフェのようにおしゃれな玄関(手洗付き)

注文住宅をお考えの方は、ぜひ色々とお話を聞かせてください。もちろんハッキリとしたビジョンがなくても大丈夫です。最初は外観も間取りも漠然とした希望だけのお客様がほとんどです。

和室があるお家も素敵ですよね♪

最近はインスタグラムなどからご自分の好きな感じの写真を見せて下さるお客様もよくいらっしゃいます。お客様の好みのイメージが掴みやすいのでありがたいです♪ 雑誌でもネットでも、イメージに近いものがあれば参考にぜひお持ちください。

楽しい仕掛けのあるお家はいかがでしょう♪

今回はいつもとはちょっと違った感じの家づくりの話をしてみました(^^)

お引渡し後からが本当のお付き合い」が弊社代表のモットーです。工務店ならではの自由な家づくり、工事前~お引渡し後もきめ細やかな対応ができるのも地域密着型ならではです!!

早島町で新築を検討中の方は、ぜひ一度アイ・ティー・エムにご相談にお越しくださいね(^^)

現在新築工事中のお家です。

早島町早島で、新築工事(完成)①

3月9日の投稿に続き、早島町早島の新築工事です。無事に竣工しました。素敵なお家が出来上がりましたので、完成写真をどうぞご覧ください(^^)

まずは外観です。

大きな窓が特徴のお家です。

では、お家の中も見ていきましょう。

LDKは吹き抜けです。上下に並んだ大きな窓から、たっぷりと光を採りこむ事ができます。

解放感バツグンです♪

キッチンカウンターはナチュラルな木目のもの。

LDKの一角に設けた3畳分の畳コーナーです。お子様がお昼寝したり遊んだりするのにピッタリです。ロールスクリーンをつけているので、来客時の寝室スペースとしても利用できます。

キッチンカウンターや建具の色をフローリングと揃えているので、統一感のあるお部屋になっています。

長くなりますので、続きはまた明日ご紹介します(^^)

端材の販売、はじめました

工事で使った余りの端材を、アイ・ティー・エム事務所の階段下で販売しています。

価格は物により、10円、100円、200円と、お買い得です。色々な形や大きさがありますので、DIYに使って下さいね(^^)

※手提げ袋のお渡しや配達は行っていませんので、ご了承ください。

※サイズカットについて。ワンカット50円で承ります。特殊加工は別途となります。工事スタッフは現場作業で出払っている事が多いので、後日のお渡しになる場合もあります。

久々にPOPも作りました♪

端材の購入希望・お問合せは2階の事務所までよろしくお願いします(^^)