「2021年早島町前潟M様邸新築工事」タグアーカイブ

早島町前潟で、新築工事(棟上げ)

2月17日の投稿に続き、早島町前潟での新築工事です。じつはこちらの新築、弊社スタッフの三宅さんのお家なのです(^^)

先週の土曜日、棟上げを行いました。2日前くらいには雨予報だったのですが、三宅さんパワーで無事に晴れました♪

レッカーも手配して、一気に木材を組み上げていきます。

不安定な柱の上を歩いたり道具を持って作業したり、見ているとすごく恐そうですよね(^-^; が、職人さん曰く、材料や道具を持っている方が重心が安定して恐くないそうです。

2階もどんどん出来ていきます。

ケガもなく、無事に本日のノルマ終了です!!

また工事が進んだらご紹介します(^^)

早島町前潟で、新築工事(土台敷き)

2月12日の投稿に続き、早島町前潟の新築工事です。

この日は、渡邉さんと田中くんで土台敷きです。

基礎(コンクリート)の上に基礎パッキンを設置し、土台の木材を敷いていきます。基礎パッキンは、基礎と土台の間に隙間を作り床下の換気をよくするための物です。

こちらは床の断熱材です。発泡スチロールの板みたいな物を、隙間なくピッタリとはめ込みます。

断熱の後は、床の合板張りです。

棟上げに使う木材がたくさん運び込まれました。

足場を組み、棟上げを行います。その様子もまたご紹介します(^^)

早島町前潟で、新築工事(配筋工事・検査)

12月4日の投稿に続き、早島町前潟の新築工事です。

基礎配筋工事が完了しました。

配筋工事が終わると、第三者機関による配筋検査を受けます。

上からコンクリートを流し隠れてしまう鉄筋は、設計通りに組まれて初めて予定の強度を持ちます。そのため、コンクリートを流す前に、きちんと設計通りに鉄筋が組まれているかの検査を受けるのです。

無事に検査に合格したので、コンクリートを打ち込みます。その様子はまた明日ご紹介します(^^)

早島町前潟で、新築工事(地鎮祭)

10月1日の投稿に続き、早島町前潟の新築工事です。11月の半ばに地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭とは、工事を始める前に、土地を守る神様にその土地を使用する許しを請い、工事の安全を祈願する儀式として昔から行われてきました。

弊社で新築をさせていただいた早島の写真屋「佐藤写真館」さんが、写真撮影に来てくれました♪

こちらの新築工事についても、また工事が進んだらご紹介します(^^)

早島町前潟で、新築工事(打合せ)

早島町前潟で、新たに新築工事をお任せいただきました。ありがたい事に、新築のお問合せも以前より多くいただくようになりました(^^)

結構前になりますが、こちらは第1回目の打合せの時の写真です。

お客様のイメージや希望を、設計士さんに伝えています。それをもとに図面に起こし、さらに打合せを重ねながら細かくプランを練っていきます。

アイ・ティー・エムの新築は自社で施工しているため、完成までのスピードはハウスメーカーのようにはいきません。ですが地域密着型工務店として、打合せから引き渡ししてからも、細やかな対応を心掛けています。きっとお客様にもご満足いただける事と思います。

こちらも、また工事が進んだらご紹介します(^^)